キャッシングの限界金額と借りている回数との関係

融資関連の商品で借りれる金額には、限界があります。無制限ではありません。 その金額は、申込時に決定される事になります。大抵は現在の収入などによって決まってくるのですが、最初の内は少ない限界額に設定されるのです。 例えば限界額が30万と決定された場合、金融会社から借りれるのは20万円台や30万などになります。したがって31万を超える金額で借りる事はできません。 ただし、それは申込時の数字になります。一定の条件を満たすと、上記の30万という金額をアップさせる事はできるのです。

それに関わってくる要素は色々ありますが、その1つが回数ですね。基本的にはそこそこ回数をこなしている方が、金額アップが発生する確率は高まります。 例えば新規申込をしてから1年間が経過していて、Aさんは6回借りていたとしましょう。それに対してBさんの場合は、1回だけ借りていたとします。 AさんとBさんのどちらの方が有利になるかと言われれば、たいていはAさんなのですね。それは、金融会社に対する利益を考えれば分かると思います。

そもそもキャッシングの利益構造なのですが、やはり手数料が大きなポイントになるのです。多くの手数料を支払ってくれる顧客は、会社としては優遇する傾向があります。 そして多くの回数を支払っている顧客の場合は、それだけ会社に対する手数料を多く負担してくれている訳ですから、優良顧客と見なされるのですねそれで増枠の確率も高まる訳です

逆に回数が少ないと、ちょっと優遇されなくなる傾向があります。 ですので限界額を増やしたいと思うのであれば、やはり回数はこなすべきだと思うのですね。ただしそれも限度があるので要注意です。 確かに回数が多い方が借りれる金額は高くなりやすいのですが、あまり多すぎても良くありません。1年間に12回や24回など極端に多い方々の場合は、限界額を増やせる確率は低くなります。余程お金に困っていてキャッシングをしていると、疑われてしまうからです。適度な回数で借りるように心がければ、金額もアップしやすくなるでしょう。