バイナリーオプションで100万を稼ぐ無職

効率的に資産形成ができるバイナリーオプション

資産を形成するにはいろいろな方法があります。貯金をしたり少しでも高金利の商品を買い求めたり、株あるいはFXまたは外貨預金など、巷にはたくさんの金融商品が出回っています。金融商品においてハイリターンを求めるのなら、その商品はほとんどのものが元本が保証されていないものがほとんどです。運用の仕方次第では元本を割り込んでしまう商品があります。これらの商品は自己責任によって運用しなければなりません。

 

最近はこれらのハイリターン商品の中でも、バイナリーオプションと言って短期間で資産の形成ができる商品が出てきました。これは各国の通貨が、対象とする通貨に対して30秒後あるいは60秒後、あるいは1分後3分後に高くなっているか安くなっているか予想して取引を行うものです。とても短時間で結果がわかるので利益確定もしやすく、たとえ予想が外れたとしても投資した金額のみが損失となるためとてもわかりやすい投資方法です。

 

また短時間での取引を行うことによって、何回でも取引が行え予想もしない利益が出ることもあります。ここで注意しなくてはいけないのは何回でも取引が行えるのは海外にあるバイナリーオプション業者だけで、日本の業者においては金融庁の規制が入っているため最低1取引の後、2時間は取引ができないようになっています。

 

海外のバイナリーオプション業者も様々な問題点がありますが、最近問題になっているのは出金によるトラブルです。海外の業者は入金したところでボーナスというものが付き、入金した金額より多くの金額で取引できる業者が多く、また出金する際は入金した金額の30~40倍の取引をしないと出金できないところがほとんどです。これは業者の規約に書いてあるのですが、これを理解しないで取引を行うと後々出金するときのトラブルにつながります。資産形成においてハイリターンを求めるのも大切ですが、バイナリーオプションを使って資産形成をする場合、業者の取引規約をよく読んで取引を始めるのが大切なことです。金融庁のバイナリーオプション規制についてはこちらでご確認ください。

 

 

バイナリーオプションの概要とメリット

 

近年の日本社会においては個人の働き方やライフスタイルが多様化しており、それと同時に資産形成のあり方も以前とは大きく変化しています。

 

かつては定期預金や国債といった安全性の高い手段での資産運用がメジャーとなっており、多くの人がこれらの安全な方法で資産形成を行っていましたが、長引く不況の影響で定期預金や国債の金利が低水準で推移していることもあり、資産運用の手段が投資へとシフトしているのです。

 

また、定期預金や長期国債の金利が低下低下している上に年金の受給開始年齢の引き上げが開始されたことも相まって、ローリスク・ローリターンの資産運用よりも多少のリスクを冒してでもより高いリターンが得られる投資のほうが効率的であるという風潮が強まっており、今後有価証券への投資やFXなどへの投資がますます高まると考えられているのです。

 

しかしながら、株式投資やFX投資などで利益を上げるためには専門的な知識や経験が必要不可欠であるとされており、初心者がこれらの投資に参入する際には多少の損を覚悟しなければならないと言われています。
また難解な専門用語を学んだり市場の動向に常に気をつけておかなければならないので、万人が気軽に参入できるとは言いがたい実情もあります。

 

専門的な知識を有していなくても問題なく、誰でも気軽に参入できる投資方法としておすすめとなるのがバイナリーオプションと呼ばれる投資手段となります。
バイナリーオプションとは、外国通貨取引の一種ではありますが、取引に専門的な知識は必要なく、通貨の価値が値上がりするか値下がりするかを予想して投資を行なう、トランプの「ハイアンドロー」いうゲームに近い形で行われる投資となります。

 

バイナリーオプションならば相場が上がるか下がるかを予想するだけなので、株取引やFXと菱木は難しくてわからないという人でも問題なく取引ができるでしょうし、掛け金以上の損失が生じることもないので低リスクでの投資ができるのです。

 

 

バイナリーオプションを取引するときには

 

バイナリーオプションは取引方法がシンプルであり、損失が限定的でもあることから初心者でも投資をしやすい金融商品となっています。
ふたつの選択肢から将来を予想するものであるため、単純に二分の一の確率で予想を当てることができるため、他の金融商品と比較しても負け続けるといったことが無いものとなっています。
そのため、リスクが比較的少ないともいえるのですがその反面予想が外れた場合、投資した金額を全て失ってしまう仕組みになっているため、資金管理を誤ると短期間で大きな損失を出してしまう可能性を秘めていることもあることを理解して取引をする必要があります。

 

株などの場合も購入をした翌日に企業が倒産してしまい、株の価値がなくなってしまうということがありますがそれはごくまれなことでありますが、バイナリーオプションの場合にはものの数分でオプションの価値がゼロになってしまい投資した金額が全て無くなってしまうためそのような点で考えればリスクが高いともいえます。

 

このように損失が限定的なのはバイナリーオプションの大きな利点である一方で、限定的であるからと無計画な取引をすると大きな損失を出してしまうこともあるため注意が必要です。
しかし、逆にいえば無計画な取引さえしなければ損失が限定されていることから、大きな損失が出ないため安心して取引をすることもできるのです。
資金管理の面に関しては熱くなりすぎなければ、予想外の損失が発生するということがないので計算しやすいため、初心者であっても取引をしやすいものとなっているのです。
そして、バイナリーオプションは勝ったときの利益をそのまま次の投資に回しやすいため、複利効果を生かしやすいものとなっているので負けている時に資金を増やして取り返そうとするのではなく、勝っているときに利益を上手く運用していくことによってリスクを少なくリターンを増やすことができるのでバイナリーオプションの特性を生かした取引をするのが利益を出すポイントとなります。

 

 

バイナリーオプションとは何かを知ろう

 

バイナリーオプションとは何かご存じですか?バイナリーオプションとは、相場の値段が上がるか下がるかだけをあてるという、初心者にも簡単にできるようになっている投資です。通常のFXでは、区切りがなく相場が動き続けるので、いつ買っていつ売るかというのは非常に難しいものになってしまいます。ですがバイナリーオプションなら、円高になるか円安になるかなど、二つに一つの選択となるので非常に簡単に投資をできてしまいます。初めての方は、いきなりFXを始めるよりも、まずはバイナリーオプションをやってみることをお勧めします。
また、バイナリーオプションのメリットとしては、少額からも投資が始められるというのも魅力です。1000円程度からも始めることができるので、試しにやってみたいという人も手軽に始められます。また、時間的にも10分など短時間の投資も可能なので、ちょっとした仕事の空き時間に投資をするなど、時間がない人でも楽しめる投資になっています。
バイナリーオプションの特徴として、満期時間が決まっているということがあります。FXの場合は決まっていないので、いつまでも塩漬けじょうたいにしてしまい、損失がどんどん膨らんでしまうケースが多々あります。しかしバイナリーオプションならば、そんなことはありません。時間が決まっていることによって強制的にそこで終了となるので、持ち続けることもできませんが、損失が増えつづけることもなくなります。
このように、バイナリーオプションは初心者にはうってつけの投資になっています。投資をやってみたいけど資金が足りないと思っていた人は、是非一度試してみるとよいのではないでしょうか。口座開設は無料でできますし、無料のデモトレードができるところもたくさんあるので、まずはデモトレードで遊んでみるのもいいのではないでしょうか。デモトレードで勝てるようになってからやるというのもいいですし、慣れたら入金するのもいいのではないでしょうか。

 

 

バイナリーオプションの取り引き形態は

 

バイナリーオプションには様々な取り引き形態があります。儲けが少ないものもありますがリスクも少なかったり大きく儲けを狙える取り引き方法も存在します。大きく分けてハイアンドローやタッチやレンジというものがあります。
ハイアンドローは決められた時間までにその指定の位置をクリアしていくことです。これはバイナリーオプションの最も基本的な取り引き方法になります。相場がトレンドに乗っているときには効果的な取り引き方法になります。決められた判定時間のレートがどれくらいかで決まるので途中経過は全く関係ありません。チャート分析でトレンドがきちんとあらわれているときに効果的な取り引きになります。
タッチはハイアンドローから派生したもので少し意味合いが違ってきます。こちらも予想した方に動いていけば儲けが出ることに変わりはありませんが一瞬でもレートに到達すれば儲けを確定出来ます。最終的にそのレートをクリアしていなければいけないハイアンドローとは違い結果は早く出ます。結果が出た後はどちらに相場が動いても関係ない点がハイアンドロー形式と大きく違う点になります。
また相場は思ったより動かない場合もあります。その場合はハイアンドローでは儲けが出にくい可能性もあります。ボックス相場というのがこの状況に当てはまりますが、レンジというバイナリーオプションの取り引きを利用すればこの場合でも儲けが出せる可能性が高まります。注意する点は一瞬でもレンジから出ないことです。あくまでもレンジ内で取り引きをすることが前提になってくるので相場を読み切る能力も必要になってきます。
このようにいろいろな取り引き方法があるので、どのように参加すればリスクが少なくなるかきちんと判定した上で参加する方法を考えることが大事です。リスクの少ない方法で参加して小さな儲けを重ねていくのも一つの方法ですし、大きく動くと予想出来ればハイリスク型を選ぶ方法もあります。

 

 

初心者向けバイナリーオプションのルール

 

バイナリーオプションとは、二者選択で取引を行う金融商品のことです。やり方としてはごくシンプルであり、選んだ金融商品の価格が下がるか上がるかを当てるだけです。そのため、こういった取引をしたことがない初心者に向いている商品でもあります。
この取引は初心者向けにデモトレードというのも用意されています。デモトレードを体験することによって、バイナリーオプションの仕組がよく理解できるようになるので初心者はまずここからはじめてみるといいかもしれません。
これとよく比較されるものにはFX取引があります。しかしFXでは外貨の組み合わせ方やスプレッド、レバレッジという独自のルールが存在するため、慣れない方では取引が難しいところがあります。さらにFXは最大の長所である金融変動やレバレッジによって大きく設けることが出来る反面、逆に相場が動けば一気に講座に預けているお金を失うどころか大幅にマイナスに向いてしまうこともあります。
しかしバイナリーオプションでは1000円という少額からでも投資ができ、取引している以上の損失が出ないことからも安心して取引ができます。そして取引方法もハイローやワンタッチなどバラエティにとんだやり方がいくつもあり、ゲーム感覚で取り組むことができます。
とはいえバイナリーオプションにも取引のルールがわずかながら存在します。この取引では為替の他にも日経平均225株価指数や、金相場の取引といったことも出来るため得意な投資ジャンルがある場合はそれを中心にして取引することが可能です。
また取引の仕方は長期ではなくデイトレードが基本です。すべては24時間以内に取引が完了する仕組みになっていますので、投資におけるリスクを管理しやすいともいえます。
そして勝率が50%の状態で利益確定ができないのも、バイナリーオプションの取引のルールのひとつです。利益を確定したい場合は55%以上の勝率を上げる必要がありますから、その点にも注意して投資を行うといいでしょう。

FXの口座作りが完了しますと、たいていメールが送られてきます。それもコンスタントに、そのメールが送られてくるのですね。
メールの用件は様々です。金融会社が提供している新たな商品の宣伝メールもあれば、注意喚起に関するメールなどがあります。
そのようなメールはあまり受け取りたくないと思っている方もいらっしゃるでしょう。しかしこの金融商品で売買を行おうと思うのであれば、案外そのメールが重要です。というのも、そのメールによって助けられる事も大いにあり得るからです。
この間私のメールアドレスに、金融会社からメールが届きました。注意喚起に関するメールだったのです。ちなみに「相場が動く可能性があるので、気をつけて下さい」という内容でした。
金融会社は、そのようなメールを何回も送ってくるのですね。特に大事な指標が発表される当日中などには、たいていそのメールが送られてきます。そして、そのメールで「全てのポジションを決済しなければ」と思った事が何回もあります。
大事な指標が発表されるとなると、外貨の金額は大きく動く傾向があるのです。それで思わぬ大きな損失が発生する事もあるので、決済しておく方が良い事も多いのですね。
しかし人間の記憶力は、あまり頼りになりません。時にはうっかりその指標を忘れている事もあるのです。そのような時にメールが届きますと、非常に助かりますね。
ですので金融会社からのメールは受け取れるようにしておくと良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/01 14:23:01

金融商品を利用しようと思っている方によっては、現在の所得の安定度に関する不安を覚えている事があります。特に融資を受けるタイプの商品などは、その傾向が顕著ですね。
銀行などから借りる時には、たいてい所得が安定しているかどうかが見られるでしょう。不安定な場合は、借りるのは難しい事も多いです。
ところでFXは、金融商品の1つですね。しかもそれにはお金が関わってきます。
またその商品では、口座を作る為に色々と確認が行われます。口座作成の為の様々なデータを金融会社に送信する訳ですが、それを受け取った金融会社は様々な確認を行う訳です。
確認して問題がなければ、口座を作れる訳ですね。逆に問題があった時には、ちょっとお断りという事になります。ですので所得が不安定な方は、お断りになってしまうかどうか不安になっている事があるのです。
しかし、FXという商品はあまり所得は関係ありません。というのもその商品は、しばしば無職の方も利用しているのですね。
確かにその商品はお金を取り扱うことになるのですが、金融会社が確認をしているのは所得の安定度というよりも、むしろ他の点なのです。それには色々なものがあり、リスクの理解度や金融資産の有無などです。それらに比べれば、所得の安定度はあまり重要ではありません。無職の方がそれを利用している位ですから、あまり職業は関係ないと考えて良いでしょう。
ただし資産がゼロですと、さすがにちょっと難しい傾向があります。基本的には数万や数十万ほどの資産が求められる傾向がありますね。

続きを読む≫ 2015/06/01 14:23:01

私たちが何か新しい商品を利用するとなると、しばしば年齢が見られます。アルコールやタバコなども、その1つですね。コンビニでそれらの商品を買おうとすると、まず間違いなく年齢確認が行われるでしょう。
ところで金融関係の商品にも、そのような確認があるのです。しかも、それは意外と重要なのですね。どういう事かと申しますと、FXという商品の申込をする際に、必ずそれが確認されます。
その商品で売買を行う為には、必ず口座を作る事になります。その際に金融会社に対して、色々なデータを送信する事になるのです。データを受け取った金融会社は、商品の申込者に関する様々な確認を行います。その1つが年齢なのですね。
基本的に日本国内の金融会社の場合は、ちょっと20歳以上でないと利用が難しい傾向があります。つまりFXという商品で売買を行う為には、20歳以上でなければなりません。ほとんどの金融会社で、それは共通しているはずです。
ちなみに口座を作る為の審査では、他にも色々と確認項目はあります。貯金額やリスクの理解度なども確認されるのですが、実は年齢が一番重要度が高いのですね。たとえ資産が1億でも、19歳以下の方はちょっと難しい訳です。
ただし海外の会社の場合は、話は別です。国によっては、18歳以上の方ならば口座を作れる事もあります。もちろんそれも、国によって様々ですね。
どちらにしてもその金融商品では、年齢確認が発生する事だけは確実でしょう。

続きを読む≫ 2015/06/01 14:23:01

FXという商品で投資を行う為には、まずは口座を作る事になります。どの会社の商品でも、それはまず間違いなく共通していますね。
ところでその投資商品の口座を作る為の入口としては、主に2通りあります。比較サイトなどを通じて申込をする方法と、各金融会社のホームページにアクセスをして直接申し込みをする方法です。どちらの方法でも口座を作る事はできるのですが、金銭的なメリットを考えれば前者の方が良いでしょう。
そもそも各社を比較しているサイトなどでは、かなりお得な特典を用意している事があります。例えば書籍のプレゼントですね。
その投資商品を始めたばかりの方などは、書籍などで勉強している事も多いでしょう。上記のようなサイトで申し込みをすると、それがプレゼントされる事があるのです。
ところが直接申し込みをしてしまいますと、それがプレゼントされない事が多々あります。どちらの方がお得なのかが、もちろん明白ですね。
また、それぞれの金融会社は随時キャンペーンを行っています。一定金額以上の売買を行うと、後日現金がプレゼントされるという内容が多いですね。その金額も、上記の比較サイトの方がお得な事が多いのです。比較サイトを通じてキャンペーンに応募した時のプレゼント金額が2万円ですが、直接申し込みの場合は1万円などの具合です。
ですのでその投資商品の口座を作るのであれば、やはり比較サイトを経由して申し込みをする方が良いでしょう。その方が、断然お得だと思います。

続きを読む≫ 2015/06/01 14:23:01

FXでの売買を行うとなると、難関が1つあります。強制的な損切りですね。
そもそもその商品には、資産が減少する事はあります。最初に預けた資金よりも、減少してしまう可能性はゼロではないのですね。
そしてその資産が減少額がある一定以上に達してしまうと、上記のような強制的なシステムが発動されてしまいます。
例えば金融会社に対して、200万円を預けていたとしましょう。そして投資を行った結果、150万くらいの損失が発生したとします。そのような時に、強制的に決済される事があるのです。いわゆるロスカットというシステムです。
そしてその商品で売買を行っている方は、その強制的なシステムを恐れている事が非常に多いです。上記のような150万の損が確定してしまう訳ですから、それは非常に大きいでしょう。
そのような事態を防ぐ為には、やはりレバレッジを低く抑える方が良いですね。実は私もその投資商品で売買を行っているのですが、最近はそれを1倍にしています。現在の日本のルールでは最大25倍での取引をする事は可能ですが、あえて1倍にしているのですね。
なぜなら1倍にしておけば、上記のような強制的なシステムが発動される事はまずありません。確かに資産が減少は発生するのですが、また戻る可能性もあるでしょう。
しかし上記のような強制的なシステムが発動されれば、戻る前に損が確定してしまう訳です。ちょっと面白味は減るかもしれませんが、安全に売買を行いたいと思うのであれば、1倍でFXの売買を行う方が良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/01 14:22:01

FXは、つい最近登場した商品です。歴史は比較的浅い商品なのですね。
しかし実は、その外貨での売買というシステム自体は昔からありました。というのも、以前は法人のトレーダーの方々が外貨で積極的に売り買いを行っていました。
そもそも金融会社によっては、外貨での売買を積極的に行っている部署があります。いわゆるトレーダーの方々が、会社の資金を用いて売買を行って、利益獲得を目指していた訳ですね。
その売買は、今から30年前や40年前などでも積極的に行われていました。その時期には、そもそもインターネットはなかったのです。ですので法人のトレーダーの方々は、主に電話を用いて売買を行っていました。
そして昔のトレーダーの方々は、かなり早口だったと言われています。というのも外貨での売買を行うとなると、しばしばスピードが求められるのですね。余りのんびり構えてしまっていると、利益獲得のチャンスを逃してしまいかねないからです。しかも電話で売買を行う訳ですから、必然的に早口にならざるを得ませんでした。
なおかつ昔の法人トレーダーの取引ルームは、かなり賑やかだったようですね。多くのトレーダーの方が一斉に電話をしていたので、パーティーのように多くの方の声が響き渡っていたようです。
しかし現在では、もうインターネットが普及しています。それで今は個人の方だけでなく、法人もインターネットで売買を行うようになっているのです。それで昔に比べれば早口な方は減りましたし、取引ルームも随分静かになったと言われています。

続きを読む≫ 2015/06/01 14:22:01

FXという商品を提供しているのは、日本だけではあります。
そもそもFXという用語は、英語ですね。ですのでそれは日本で誕生したものではなく、本来は外国の商品なのです。ですので海外の会社も、その商品を提供している訳ですね。
ところで海外と日本の会社にはどのような違いがあるかと申しますと、実際に売買ができるまでのスピードです。海外の方が、圧倒的に早いのですね。
まず海外で口座を作るまでの流れ自体は、日本とあまり変わりません。口座を作る為に必要な様々なデータをフォームに入力し、金融会社に送信する訳ですね。そして簡単な審査が行われるのですが、何も問題がなければ口座は完成する訳です。
ところが日本の会社の場合は、パスワードを郵送する事になります。実は以前はWEB媒体でパスワードを郵送していたのですが、ちょっと安全性に関する議論がありました。ですので現在では、ほぼ全ての方に対して郵送する事になっています。郵送になるので、ちょっとパスワードは届くまでに時間がかかるのですね。
ところが海外の会社の場合は、郵送をする事はまずありません。そもそも海外の会社には、資料請求というシステムがありません。郵送していないからです。つまりWEB媒体で、パスワードが送られる事になります。
そしてでWEB媒体ならば、パスワードが到着するのは非常に早いでしょう。ですので海外の会社の場合は、即日の取引をする事ができる訳ですね。日本の会社の場合は、ちょっとそれは困難です。
この「売買ができるまでのスピード」は、日本と海外の主な違いの1つと言えるでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/01 14:22:01

ここ最近のFXの会社は、やや特殊なシステムをアピールし始めています。いわゆるシステムトレードなどと、各会社のホームページに記載されている事も多いです。それとMT4という用語も同様です。
ところでその2つはどのような違いがあるかと申しますと、基本的には前者の方がシステムはシンプルになります。後者のシステムの場合は、ちょっと上級者向けの一面があるのです。
まずシステムトレードの場合は、ルールというのも選ぶ事になります。とても多彩なルールが用意されているのですが、その中から成績が良さそうなものを選ぶ訳ですね。基本的には選ぶだけですので、それほど難しくはありません。
ところがMT4というツールの場合は、そのルールなどを自分で作っていく事になります。そもそもMT4というのは、フリーソフトの名前なのですね。ロシアで開発されているソフトになるのですが、それはカスタマイズ性に優れています。それを用いれば、色々な自動のシステムを構築していく事もできるのです。
ただしそれを使いこなす為には、ある程度のスキルも必要になります。なぜならそのシステムの場合は、プログラミングの知識なども求められるからです。ちなみに上記の売買ルールを選ぶだけのシステムの場合は、その知識は求められません。
ですのでMT4の方が上級者向けではありますが、それにはチャートも完備されています。非常に動作が軽快ですので、プログラミングは行わずにチャートだけを使っている方も多いですね。

続きを読む≫ 2015/06/01 14:22:01

FXの金利は、会社によって色々です。
例えば南アフリカランドですが、あれはかなりポイントが高いことで有名ですね。他通貨に比べれば圧倒的に高いので、それをアテにしている方もいらっしゃるでしょう。
ところがその外貨のポイントは、会社によって色々異なります。ご存知のように金融会社は、沢山あるのです。その会社それぞれにより、色々システムが異なっています。その1つとして、ポイントも各社色々なのです。
例えばA社の場合は上記のランド円のポイントが11円であれば、B社の場合は13円などの具合です。2円分とは言え、積み重なれば大きいですね。
ではなぜ会社によって上記のような違いが生じているかと申しますと、それには2つの理由があります。まず1つ目は手数料の問題です。
そもそも手数料が、実は上記のポイントからも差し引かれているのです。各会社はその点をあまり明示していませんが、実際には手数料は発生しています。そして、もちろん各会社はその手数料で利益を得ているのですね。
それともう1つは、あまりご存知ない方も多いと思います。各会社の提携している銀行も、上記のポイントの違いに関わっているのです。
そもそもなぜ上記のようなポイントが発生するかと言うと、銀行と提携をしているからです。そしてFXの会社によっては、かなりその金利が高めな銀行と提携をしている事があります。つまりコネの問題によって、ポイントに差が付いている事もある訳ですね。

続きを読む≫ 2015/06/01 14:22:01

以前にあるFXのトレーダーの方が、非常に興味深い事を話していました。「必ず負けの取引は発生する」という点です。ちなみに現在その方は、その金融商品でかなり稼いでいらっしゃいます。
上記の方は、かなりの試行錯誤を行いました。やり方Aややり方Bなど様々な方法を比較してみて、一番優れているやり方を色々探してみた訳です。
その方が追求に追求を重ねた結果、ある事実に気が付きました。何をどうやっても、必ず損失が発生するという点です。
なぜなら外貨というものは、たまによく分からない値動きが発生するのですね。それを突然やってきます。そのゲリラ的な値動きによって損失が発生する事も多々あるので、いくら頭をひねってもどうにもならない事もある訳ですね。
ある時にその方は、ちょっと考え方を変えました。どう頑張っても損失になるのであれば、「当たり前のように損切りをする事も必要」だと思うようになったのです。淡々と損切りができるようになってから、大きな損失が発生する事も劇的に少なくなったようですね。
上記の方がおっしゃっているのは、真実だと思います。外貨というのは、本当に理不尽な動きが発生する事があるからです。であれば、やはり損切りが必要不可欠と言えるでしょう。
FXを始めたばかりの方は、損切りをするのがもったいないと思っている事があります。しかしそれを行わないと、もっと大変な事になってしまう訳です。淡々と損切りができるようになれば、中級者トレーダーの仲間入りだと思う次第です。

続きを読む≫ 2015/06/01 14:21:01